【相模原・橋本駅すぐ】医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック

TEL:042-700-2813 10:00~13:00/14:30~20:00

  • 診療コンセプト
  • 医院情報
  • 院長紹介
  • 料金表
  • お問い合わせ

混合歯列期(子どもの矯正)

  1. Home>
  2. 混合歯列期(子どもの矯正)

成長期のお子様に合わせた小児矯正治療

成長期のお子様は、歯並びや咬み合わせの治療の開始時期に関しても個人差があります。
相模原・橋本駅すぐの矯正歯科「モガワクリニック」ではお子様ごとにベストなタイミングを見極めて矯正治療を開始し、歯の「癖」に関するアドバイスも行いながら、効率的に治療を進めてまいります。
固定式の装置など、目立たない矯正装置もご用意しております。

小児矯正の重要性

[画像]小児矯正の重要性

昔と比べて、近年の子どもは、歯が大きくなっています。
多くの児童が歯と顎のバランスが悪く、永久歯が生えるためのスペースが足りていない現象が見られます。
また過剰歯、欠如歯、形態異常なども重なることで、歯並びへの悪影響につながっています。

歯と顎のアンバランスさは遺伝的な部分が多く関与しているといわれていますが、この傾向は今後も増加するとの予測もあり、より小児期の矯正治療の必要性が増してくるでしょう。

お子様の矯正治療は、歯や顎が成長している段階で始めるのが最適であり、適切な治療開始時期はお子様一人ひとりによって異なります。
お子様ごとに適したタイミングを見極めて矯正治療を開始し、効率的に治療を進めることが大切です。

お子様の矯正はタイミングが大事

[画像]お子様の矯正はタイミングが大事

小児の矯正治療は、歯並びを整えるというよりむしろ、上下顎の調整(位置の改善、拡大など)を目的としています。
永久歯の審美的で良い歯並びを獲得するために必要な処置であり、乳歯から永久歯への生え替わり時期(小学2~4年生ごろ)に合わせて始めることで、矯正治療の効果を最大限に高めることができます。

また、成長を利用して小児歯列矯正を行うことで、永久歯の矯正治療で歯を抜く可能性も低くなります。
お子様の矯正治療では、矯正治療を始めるタイミングをしっかり見極めることが大切です。
お子様の歯並びが気になったら、お早めに当院までご相談ください。

[画像]子どものうちに矯正治療を行うメリット

お子様でも目立たない固定式の矯正装置を用意しています

「銀色のブラケットが気になる」というお子様のために、当院では装置が目立たない固定式の装置を取り扱っております。見た目が気になる多感なお子様におすすめです。

お子様にこんな「癖」はありませんか

頬杖

成長期の顎の骨に頭の重さが加わるため、歯並びと顎の関節に悪影響を及ぼす恐れがあります。

舌癖(ぜつへき)

指を吸ったり、指が歯や歯ぐきを押したりして力を加えることを指します。
歯並びを乱す要因のひとつです。

爪を噛む

爪を咬み続けていると、成長期の歯と歯ぐきに負担がかかり、歯並びや咬み合わせに問題が生じる恐れがあります。

唇を噛む

唇を咬むと、口の動きが不自然になるため、歯並びと顎関節に悪影響が出る恐れがあります。

食習慣

柔らかい物ばかり食べていると、咬む回数が減り、歯槽骨や咀嚼筋が弱まってしまいます。

丸飲み

食べ物をよく咬まずに飲み込みながら食べていると、消化器系への負担が増え、栄養吸収に悪影響を与えます。

口呼吸

口中や喉が乾燥して、だ液中の抗菌成分がうまく作用しなくなり、虫歯・歯周病になりやすくなります。
舌が正しくない位置に置かれるため、歯並びにも影響します。

歯ぎしり

頻度が増すと、歯がすり減ったり、顎の関節に負担がかかったりするほか、不正咬合の原因にもなります。

↑

35.596562600000055,139.34279504708252

矯正歯科モガワクリニック
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本6丁目2-3
B'sタワー橋本W棟 2F

35.5965626,139.3437821

Copyright © 医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック. All Rights reserved.