【相模原・橋本駅すぐ】医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック

TEL:042-700-2813 10:00~13:00/14:30~20:00

  • 診療コンセプト
  • 医院情報
  • 院長紹介
  • 料金表
  • お問い合わせ

悪い歯並び(不正咬合)とその治療

  1. Home>
  2. 悪い歯並び(不正咬合)とその治療

出っ歯、乱ぐい歯、受け口、八重歯……すべて、悪い歯並びです

いわゆる「出っ歯」や「受け口」など、悪い歯並び(不正咬合)は、お口の中だけでなく全身に悪影響を及ぼす原因になります。
ときには精神面に影響を及ぼすこともあります。
乱れた咬み合わせを治療して、機能を正しく整え、大切な歯と体を守りましょう。
相模原・橋本駅すぐの矯正歯科「モガワクリニック」では不正咬合を正す治療を行っています。

悪い歯並びとは

[画像]悪い歯並びとは

一般的に「歯並びが悪い」ことを、歯科用語で「不正咬合」といいます。
不正咬合は、いわゆる「出っ歯(上顎前突)」や、上下の歯の間が開いている「開咬(かいこう)」など、いくつかのタイプに分けられます。
治療方法も、その種類と、患者様のご希望によりさまざまです。
いずれも、そのままにしておくと、見た目が美しくないばかりではなく、歯に隙間・段差があるために歯ブラシが上手く行き届かず、虫歯や歯周病など、お口のトラブルを招きやすくなります。

矯正治療を始める前に、気になる自分の不正咬合がどのようなタイプであるかを知り、それに適した治療法を歯科医師に相談しましょう。

開咬・オープンバイト

[画像]開咬・オープンバイト

歯をしっかり咬み合わせたとき、前歯か奥歯のどちらかが開いていれば、それは「開咬(かいこう)」または「オープンバイト」という状態です。
開咬は、奥歯が咬み合わさって前歯が開いているケースのほうが多く、前歯で食べ物を上手く噛み切ることができません。
また、前歯の上下に隙間が空いているので、正しい発音がしにくいことも多いです。
リラックスした状態でも口を開けていることが多いので、ドライマウスになりやすいのも特徴です。
ドライマウスになると、虫歯になりやすく、口臭も強くなりがちです。

[画像]開口(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]開口(治療前)横
画像 横(治療前)
 
[画像]開口(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]開口(治療後)横
画像 横(治療後)
 
症例 開口 治療法  
解説  
[画像]叢生(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]叢生(治療前)横
画像 横(治療前)
[画像]叢生(治療前)横
画像 横(治療前)
[画像]叢生(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]叢生(治療後)横
画像 横(治療後)
[画像]叢生(治療後)横
画像 横(治療後)
症例 開咬 治療法 4本抜歯、
セラミックブラケット +
アンカースクリュー
解説 治療期間24か月
上顎前突・出っ歯

[画像]上顎前突・出っ歯

上の前歯が前に飛び出している、いわゆる「出っ歯」を、歯科用語では「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。
出っ歯の人は歯全体で食べ物を咬めず、奥歯ばかりで咬む習慣が付いてしまうため、顎の発達が偏りやすくなります。
また、歯が邪魔して、唇が上手く閉じないため、口呼吸になりがちで、ドライマウスになりやすいのも特徴です。
そのため、耳鼻科系疾患にかかりやすいほか、自浄作用のあるだ液の量が減少して虫歯・歯周病になりやすく、人によっては口臭が強くなります。

[画像]上顎前突(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]上顎前突(治療前)横
画像 横(治療前)
 
[画像]上顎前突(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]上顎前突(治療後)横
画像 横(治療後)
 
症例 上顎前突 治療法 4本抜歯、
クリアブラケット + アンカースクリュー
解説 治療期間23か月
受け口・しゃくれ・反対咬合

[画像]受け口・しゃくれ・反対咬合

顎がしゃくれている、または、下顎が上顎より前に出ている、このような「受け口」「しゃくれ」は、歯科用語で「反対咬合(はんたいこうごう)」と呼んでいます。
反対咬合は、前歯で食べ物をしっかり咬めないので、咬む力が弱くなりやすいのが特徴です。
また、前歯に空気をあてる「サ」行の音が発音しづらくなります。
特にお子様が反対咬合の場合は、見た目も気にしがちです。

[画像]外科矯正治療+審美歯科治療(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]外科矯正治療+審美歯科治療(治療前)横
画像 横(治療前)
[画像]外科矯正治療+審美歯科治療(治療前)口内
画像 口内(治療前)
[画像]外科矯正治療+審美歯科治療(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]外科矯正治療+審美歯科治療(治療後)横
画像 横(治療後)
[画像]外科矯正治療+審美歯科治療(治療前)口内
画像 口内(治療後)
症例 外科矯正治療+審美歯科治療 治療法  
解説 矯正治療期間17か月(保険診療)
矯正治療終了後審美歯科専門医院を受診
正中離開・すきっ歯・空隙歯列

[画像]正中離開・すきっ歯・空隙歯列

歯と歯の間にすき間が空いていたり、前歯の間が空いていたりする歯並び、いわゆる「すきっ歯」を、歯科用語で「正中離開」または「空隙歯列」といいます。
息が歯の間から漏れやすいので、正しい発音がしにくくなります。
特にお子様にとっては見た目が気になる歯並びです。

[画像]空隙歯列(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]空隙歯列(治療前)横
画像 横(治療前)
 
[画像]空隙歯列(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]空隙歯列(治療後)横
画像 横(治療後)
 
症例 空隙歯列 治療法 非抜歯、クリアブラケット
解説 治療期間23か月
乱ぐい歯・八重歯・叢生

[画像]乱ぐい歯・八重歯・叢生

「八重歯」は、かわいい歯並びのように思われていますが、実は歯科用語で「叢生(そうせい)」と呼ばれる、「乱ぐい歯」の一種です。
現代人は昔に比べて歯が大きくなってきているといわれており、そのために年々、叢生が増えているというデータもあります。
八重歯を含む乱ぐい歯は、歯並びに段差があるために隅々までブラッシングがしにくく、虫歯・歯周病になりやすい症状です。
人によっては口臭が強くなることもあります。

[画像]叢生(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]叢生(治療中)正面
画像 正面(治療中)
[画像]叢生(治療後)正面
画像 正面(治療後)
症例 叢生 治療法 混合歯列期(生え変わり時期)
解説  
[画像]叢生02(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]叢生02(治療前)正面
画像 横(治療前)
 
[画像]叢生02(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]叢生02(治療後)正面
画像 横(治療後)
 
症例 叢生 治療法  
解説  
[画像]叢生03(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]叢生03(治療前)正面
画像 横(治療前)
 
[画像]叢生03(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]叢生03(治療後)正面
画像 横(治療後)
 
症例 叢生 治療法  
解説  
[画像]叢生04(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]叢生04(治療後)正面
画像 正面(治療後)
症例 叢生 治療法  
解説  
[画像]叢生(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]叢生(治療前)横
画像 横(治療前)
[画像]叢生(治療前)横
画像 横(治療前)
[画像]叢生(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]叢生(治療後)横
画像 横(治療後)
[画像]叢生(治療後)横
画像 横(治療後)
症例 叢生 治療法 4本抜歯、クリアブラケット
解説 治療期間17か月

 

過蓋咬合

[画像]過蓋咬合

上の歯が下の歯にかぶさってしまっている歯並びを、歯科用語で「過蓋咬合(かがいこうごう)」といいます。
上の歯ぐきが、下の歯に常にあたっている状態なので、上顎の内側の歯ぐきを傷めてしまうばかりでなく、歯と歯が咬み合わないので、食べ物を咬むたびに顎の関節に負担をかけてしまいます。

上下顎前突

[画像]上下顎前突

上と下の前歯が両方とも前に突き出していることを、歯科用語で「上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)といいます。
口元が前に突き出たような見た目になり、特にお子様の場合は、成長に伴ってより目立つようになることがあります。
また、口がいつも開いている状態になるので、ドライマウスになりやすく、虫歯・歯周病のリスクも上がります。

[画像]上下顎前突(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]上下顎前突(治療前)側面
画像 側面(治療前)
[画像]上下顎前突(治療前)横
 
[画像]上下顎前突(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]上下顎前突(治療後)側面
画像 側面(治療後)
[画像]上下顎前突(治療前)横
 
症例 上下顎前突 治療法 4本抜歯、
クリアブラケット + アンカースクリュー 
解説 治療期間22か月
正中不一致

[画像]正中不一致

通常、上の歯と下の歯は、咬み合わせたときに中心が一致しますが、歯並びによっては、上下の中心が一致しないことがあります。
これを「正中不一致(せいちゅうふいっち)」と呼びます。
これも、見た目が気になるだけでなく、咬み合わせが悪くて食べ物をしっかり咬めないので、顎の発達が不健全になり、顔つきまでゆがんでしまうことがあります。

その他の症例・複合症例

[画像]下顎前歯欠損・空隙歯列・過蓋咬合(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]下顎前歯欠損・空隙歯列・過蓋咬合(治療前)横
画像 横(治療前)
 
[画像]下顎前歯欠損・空隙歯列・過蓋咬合(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]下顎前歯欠損・空隙歯列・過蓋咬合(治療後)横
画像 横(治療後)
 
症例 下顎前歯欠損・空隙歯列・過蓋咬合 治療法  
解説  
[画像](治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像](治療前)横
画像 横(治療前)
 
[画像](治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像](治療後)横
画像 横(治療後)
 
症例   治療法 外科治療
解説  
[画像]上顎前突・過蓋咬合・叢生(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]上顎前突・過蓋咬合・叢生(治療後)正面
画像 正面(治療後)
症例 上顎前突・過蓋咬合・叢生 治療法 非抜歯(抜かない矯正)
解説  
[画像]混合(乳歯-永久歯混合)歯列 正面
画像 正面(治療前)
[画像]混合(乳歯-永久歯混合)歯列 正面
画像 正面(治療中)
[画像]混合(乳歯-永久歯混合)歯列 正面
画像 正面(治療後)
[画像]混合(乳歯-永久歯混合)歯列 横
画像 横(治療前)
[画像]混合(乳歯-永久歯混合)歯列 横
画像 横(治療中)
[画像]混合(乳歯-永久歯混合)歯列 横
画像 横(治療後)
症例 混合(乳歯-永久歯混合)歯列
→ 永久歯本格矯正治療
治療法 非抜歯、メタルブラケット + 上顎拡大装置 + 治療開始年齢8歳6か月(治療期間・第一段階8か月)第二段階開始年齢11歳5か月 非抜歯 メタルブラケット
解説 治療期間18か月
[画像]下顎1本欠如症例(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]下顎1本欠如症例(治療前)側面
画像 側面(治療前)
 
[画像]下顎1本欠如症例(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]下顎1本欠如症例(治療後)側面
画像 側面(治療後)
 
症例 下顎1本欠如症例(特殊矯正治療) 治療法 クリアブラケット
解説 治療期間16か月
[画像]顎変形症/下顎偏位症例(+外科併用治療)(治療前)正面
画像 正面(治療前)
[画像]顎変形症/下顎偏位症例(+外科併用治療)(治療前)側面
画像 側面(治療前)
 
[画像]顎変形症/下顎偏位症例(+外科併用治療)(治療後)正面
画像 正面(治療後)
[画像]顎変形症/下顎偏位症例(+外科併用治療)(治療後)側面
画像 側面(治療後)
 
症例 顎変形症/下顎偏位症例(+外科併用治療) 治療法 非抜歯、
メタルブラケット+下顎の外科手術 
解説 治療期間15か月 保険診療

↑

35.596562600000055,139.34279504708252

矯正歯科モガワクリニック
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本6丁目2-3
B'sタワー橋本W棟 2F

35.5965626,139.3437821

Copyright © 医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック. All Rights reserved.